CFDの魅力は24時間取引が可能なこと、だからこそ携帯CFDトレード

CFD携帯ナビ


リスクヘッジとして活用可能

CFDをはじめとした投資には儲けだけでなく大損をする可能性があります。

投資をはじめたい!という人は損失を生む危険性、損失が出た場合をできるだけ最少にするリスクヘッジを考えておきましょう。
リスクヘッジ!!危機回避ということですよ^^

CFD取引を他の金融商品取引、たとえば現物株取引のリスクヘッジ手段として活用する人も増えています。

日本経済の動向を見ているとわかりますが、日本株式市場は前日夜間のアメリカ市場に左右されていることが多いです。

寝て起きたら株暴落!びっくり!なんていう事態を回避すべく直接欧米市場で取引をするひとが増えています。
その取引手段としてCFDが選ばれているというわけ。

CFD取扱業者ももリスクヘッジ手段として利用者に提供している場合もあります。

CFDのいいところは株式、指数、証券、コモディティ、FXといったさまざまな取引対象銘柄を取引できるところ。
また海外市場の時間に取引可能なので寝ている間に価格が暴落していてがっかりという危険を少なくすることができます。

さまざまな金融商品取引をしている人はリスクヘッジとしてCFDを活用しているのです。

たとえば株取引の場合価格が下落している時は売ることを控えてなかなか利益にむすびつきません。

現物株を所有したまま同銘柄のCFDで売りから入る(空売り)ことでリスク分散をするという方法もありますね!

次のページへ
▲TOPページに戻る
(C)CFD携帯ナビ