CFDの魅力は24時間取引が可能なこと、だからこそ携帯CFDトレード

CFD携帯ナビ

■CFD基礎知識
CFDは、Contract for Differenceの略で、「差金決済」取引を意味する金融商品です。
1つの口座で国内外の株式や、海外のETF銘柄、株価指数、株価指数先物等、 さまざま銘柄を証拠金で取引することが可能です。
日本を初め、北米やヨーロッパ市場、アジア、オセアニアなどを含む世界各国のグローバル市場の数千銘柄以上の幅広い商品を対象としています。
日本ではFXの方が知られていますが、FXもCFD取引の一部で、CFDの中で通貨取引に特化した金融商品とイメージするとわかりやすいかもしれません。
CFDもFX同様、レバレッジを用いた取引が可能な点も魅力の一つです。


CFDのメリット

◆レバレッジ
FX同様、レバレッジを効かせることで、少額の投資金でより大きなリターンを狙うことができ高い投資効果が望めます。

その反面リスクともなることも頭に入れておきましょう。


◆オーバーナイト金利
CFD取引のメリットのひとつで、FXのスワップ金利と同様の仕組みです。

「売り」のポジションを翌日に持ち越した場合に発生し、各国の政策金利と証券会社が設定した手数料をオーバーナイト金利として受け取ることができます。

さらに設定していたレバレッジも受け取る金利にかけて計算されます。

逆に、売りのポジションを持っている銘柄の株価が上昇した場合に大きな損失となることも充分あり得るので注意が必要です。


◆24時間取引OK!
取引きできる時間に合わせて、世界中の市場へリアルタイムでアクセス。

例えば、日中にあたる日本市場での取引が難しいサラリーマンでも、夜間は米国、出勤前の早朝はオーストラリア市場で、などとCFDなら豊富なチャンスがあります。


◆取引制限がない。
先物取引が期間限定なのに対してCFDは取引期間の制限がないのも魅力です。

次のページへ
▲TOPページに戻る
(C)CFD携帯ナビ