CFDの魅力は24時間取引が可能なこと、だからこそ携帯CFDトレード

CFD携帯ナビ


債権CFD

債権というのは国や地方や企業が発行している資金を調達するための借用書です。
投資家はその借用書を買います。
資金を調達したい国、地方、企業の債権を買って、資金の返済時に金利も発生していて還元されるという仕組みになっています。

債権CFDの債権は国が発行する国債です。基本的に地方や企業の債権は対象にはならず国の債権だけです。

債権CFDは株式CFD等に比べ取引量が少く、満期日近くの取引は特に積極的に購入しようとする投資家はいません。値がつかない満期日近くの取引はおすすめできません。

国債は企業の債権より安定性があり金利も高く設定されていることが多いです。債権の値動きは大きくないため、リスクが少ないと言えます。

安定性を求め長期的な投資をお考えの方に適した金融商品です。

次のページへ
▲TOPページに戻る
(C)CFD携帯ナビ